ニキビ肌のBBクリームの選び方・使い方

年齢を問わず気になる肌トラブルであるニキビや吹き出物。一般的に肌トラブルと認識されていますが、ニキビは皮膚の病気の一つです。自然に治癒するものもあれば、正しい手入れや治療をしなければ跡になるタイプも存在します。

ニキビ肌の人にとって、お化粧は皮膚を覆うのでできるだけ避けたいところですが、ニキビを隠すためには最低限必要だと考えている人は多いです。肌への負担を極力抑えたBBクリームは、もちろんニキビ肌の方も使用可能ですが、いくつか気をつけておきたいポイントを経験を交えてお話しします。

ニキビの原因は、ホルモンバランスが大きく関係しています。思春期のホルモンバランスが不安定な頃。皮脂分泌に関わる男性ホルモンを多く持つ方。生理前の妊娠に関わる黄体ホルモンが多く分泌される頃。ストレスで自律神経が乱れ正常な肌のサイクルが崩れてしまい、毛穴から汚れや皮脂が出にくくなるため等と言われています。

また、お化粧をしたまま寝たり、きちんと洗顔ができていない場合や、乾燥して肌の水分が不足しており皮脂分泌が過剰になっていることも原因の一つです。

白ニキビや黒ニキビが悪化すると、次第に熱や膿を持ったニキビに変化します。ここまでくると治ってもニキビ跡が残ってしまうため、初期の段階から進行させないことがポイントです。ニキビができたら「つぶさない」「触らない」が鉄則。これには理由があります。ニキビの発生箇所のアクネ菌をこれ以上繁殖させないためです。

エステサロンの施術では、ニキビには酵素が含まれた洗顔剤を部分的に使用しています。たんぱく質であるニキビを酵素が分解して小さくする効果があり、治りが早くなります。

BBクリームの選び方

毛穴に蓄積されず、クレンジングで全て落とせるものを選ぶことが一番のポイントです。従って皮脂が多いニキビ肌には、オイルフリー、紫外線吸収剤を極力抑えたタイプ、アクネ菌繁殖を防ぐ成分が含まれているものを選ぶと良いでしょう。

BBクリームではテカリが出てしまう方は、付けたあとに軽くティッシュオフして、フェイスパウダーを軽く重ねるようにするだけで十分です。


関連記事


BBクリームランキング