敏感肌のBBクリームの選び方・使い方

「敏感肌で悩んでいます」という声は、エステサロンに来られる方の悩みで最も多いものです。ドラッグストアーなどでも、敏感肌用化粧品は数多く販売されています。敏感肌とはそもそもどのような肌のことでしょうか?

 

敏感肌

肌には外部からの刺激、例えば「紫外線」「ほこり」「排気ガス」「細菌類」などから保護するためのバリア機能が備わっているのですが、様々な要因により、その働きが弱まると、刺激を受けた瞬間から肌に赤みや痒みがダイレクトに出てしまいます。例えば、「化粧品を代えたとき」「何かが肌に触れたとき」「季節の変わり目」「洗顔時」などに肌に違和感を感じることが多いです。

肌への刺激

水分や油分が肌から極端に減少している場合、皮脂膜や角質層に代表されるバリア機能が脆くなってしまうため、乾燥肌の人は敏感な状態に陥りやすいことがあります。さらに、肌に合わない化粧品を長期間にわたり使い続けていると、何を使っても肌に違和感を感じて、「状態が改善されにくくなる」という悪循環が起こるのです。

ですから、毎日使う化粧品やスキンケアは自分の肌に最適なものを選び、もし合わないと感じても原因は化粧品なのか、自分の肌の機能が弱まっているのか見極める必要があります。健康な肌には、人間が生きる上で最低限必要な紫外線や添加物からの刺激を受けても跳ね返す力があり、同時に潤いや弾力が備っているのです。

 

BBクリームを選び方

敏感な状態を改善するため土台となる素肌を健康にしつつ、肌にあれこれ刺激を与えない優しい成分で作られているタイプを選びましょう。BBクリーム自体、元々肌が敏感で炎症に弱くなっている肌用に作られた万能クリームです。安心して使えるのですが、もし原材料などが気になる場合は、国内メーカーの物を選ぶと良いでしょう。

あれこれ加えずに厚生労働省が認可している指定成分を主に使用している製品や、無添加系のBBクリームは、肌を動かして活性化するというよりは、刺激や痒みを与えにくいので、荒れ性や敏感肌タイプにはお勧めです。

付け方

スポンジ

敏感肌は皮膚がとても薄く刺激に弱いので、ゴシゴシと皮膚を摩擦せず、オーガニックスポンジやコットンを利用して丁寧に塗りましょう。


関連記事


BBクリームランキング